子育てや学び

出産一時金(出産育児一時金)とは?もらえない?これだけ知れば大丈夫!

赤ちゃんのキョトンとした写真

こちらでは、『出産一時金』『出産育児一時金』ってどんな補助金なの?

わたしって、もしかしてもらえない?大丈夫かな?

などの疑問に答えます(*^^*)



こんにちは!

当ブログ管理人のフタバ虫です(*^^*)!

2018年に第3子が生まれ、今回で『出産一時金』を支給してもらうのも3回目となりました(*^^*)

2014年の1回目のときは『出産一時金』とはどういうもので、いったい自分はもらえるのか知りたくてひと通り調べました。

アオイちゃん
アオイちゃん
知らないと不安だもんね。
フタバ虫
フタバ虫
結局お医者さんがきちんと全部やってくれたんだけどね(笑)

おかげさまで1回目と、2015年の2回目の出産のときも不安なくお医者さんに全ておまかせし、もちろん支給してもらえました。

ただ今回の3回目は、少し特殊な状況になってしまったのでまた不安になり、あらためて一生懸命調べまくりました(>_<)

アオイちゃん
アオイちゃん
そんなに調べまくったの?
フタバ虫
フタバ虫
だってなかなか答えがハッキリしなくて・・・

出産を1、2か月後に控えているという時期に職場でケガをしてしまい、当初考えた以上に欠勤が長引いた為『傷病手当』or『労災保険』の手続きを始めました(>_<)

するとなんとこのタイミングで近ぢか『失業』することになり、離職日によっては『出産一時金』や『傷病手当』などももらえなくなるよね!?

しかも治療中だし『失業手当』もすぐにはもらえないよね!?

という不安に陥り、どうすれば少しでも手当をもらえるかと一生懸命調べまくった訳です(;ω;)

アオイちゃん
アオイちゃん
それ本気でしんどいやつだね。
フタバ虫
フタバ虫
本気の中の本気です。




解決策をなかなか見いだせなかった甲斐もあって(笑)、多くの労力を費やして不要な知識まで得ましたが、通常はほとんど知らなくてもぜんぜん大丈夫です。

というより出産を控えたら、きちんとした病院やクリニックにお世話になれば、『出産一時金』の存在すら知らなくてもちゃんと手続きしてもらえるものです(*^^*)

アオイちゃん
アオイちゃん
必要なことは全部おしえてくれるんだね!
フタバ虫
フタバ虫
病院もそれでお支払いを確保できるからね。

そうなんです。病院側からみても手間よりメリットの方がはるかに大きいのです。

病院やクリニックなど、きちんとした医療機関で『出産一時金』の手続きを行わないところはありませんので、

フタバ虫
フタバ虫
絶対ちゃんと病院にはお世話になってくださいね!
アオイちゃん
アオイちゃん
それじゃーね!バイバーイ!

と、話をここで終えても大きな問題はないのですが(笑)、ある程度は知らないとさすがに不安ですよね(*^^*)?

ということで一番最初の項目に、ギュッとシンプル版で『出産一時金』の内容をまとめました。

そしていちばん不安な、『もしかして私はもらえないかも?』という疑問についても最初の項目で先にお話しします(*^^*)

アオイちゃん
アオイちゃん
『もらえないかも?』は超不安!
フタバ虫
フタバ虫
今回はそこがなかなかハッキリしなくて、いつまでたっても不安でした・・・

ですので最初の項目で不安の解消と、『出産一時金』についてはこれだけ知っていれば大丈夫、という要点を話してしまいます。

そして2項目以降で、あらためて『出産一時金』について詳しく載せておきますので、必要な方はそちら2項目以降もご覧ください(*^^*)

また『目次』の中から、詳しく知りたい項目だけをクリックしてジャンプすることもできますので、よろしければご活用ください(*^_^*)

アオイちゃん
アオイちゃん
右下の上向き矢印で、いつでもタイトル付近まで戻れるからね!
フタバ虫
フタバ虫
でも最初の項目だけでも大丈夫だからね。

『出産一時金(出産育児一時金)』もしかしてもらえない?これを知っておけば大丈夫!

『出産一時金』とは?

それではさっそく『出産一時金』についてポイントをまとめました。

これさえ知っていれば大丈夫です(*^^*)

・『出産一時金』や『出産育児一時金』、『家族出産育児一時金』などは全部同じと考えて大丈夫です。

・ただし、『出産手当金』は名前の似た別の手当ですので、別に手続きが必要です。

・妊娠85日以上で出産する健康保険加入者、もしくは加入者の被扶養者が利用できます。

・流産や死産、早産や帝王切開、人工妊娠中絶などの状況になってしまったとしても『出産一時金』は大丈夫です(*^^*)

・赤ちゃん1人につき42万円ずつ支給されます。

ポイントの中でも特に忘れないようにしてほしい部分があります。

名前は似ていますが『出産手当金』というものは、医療機関ではなく自分の勤め先や健康保険組合に手続きしてもらう、『出産一時金』とは別の手当だということです。

アオイちゃん
アオイちゃん
もらえるひとはさらに助かるね!
フタバ虫
フタバ虫
この『出産手当金』については、あとの項目でも説明するね。

もうひとつ忘れずにおいてほしい部分が、85日以上の妊娠が続いたあとで死産などの苦しい状況になってしまったとしても、『出産一時金』は支給してもらえるということです。

知らないと、いざ自分が流産・死産などの苦難におちいったときに、さらにお金の面でも心労に襲われてしまいますので、ぜひ覚えておいてください(*^^*)

1回目の出産のときにわが家も突然問題が発生するしましたが、これを知っていたおかげもあって、お金の不安まで出てくることはありませんでした。

アオイちゃん
アオイちゃん
まさかが自分にも起こりうるからね。
フタバ虫
フタバ虫
頭の片隅には必ずおいておいてくださいね。




『出産一時金』もらえないかも?という不安について。

最後に、失業や転職や扶養家族でなくなるなどいろいろな状況が訪れると、この『出産一時金』を、

『もしかしてわたしはもらえないかも知れない!』

と不安になってしまいがちですが、結論から言うとよほどのレベルでない限り必ず支給してもらえます(*^^*)

アオイちゃん
アオイちゃん
よほどのレベルっていうのが気になるって!
フタバ虫
フタバ虫
ごめんごめん(笑)

よほどのレベルというのは、

・会社の健康保険に加入しておらず、扶養家族でもない。または支払いを滞納している。

・国民健康保険にも手続きや相談なしで加入していない。支払っていない。滞納している。

・市民税や住民税など義務づけられている税金等を、こちらも手続きや相談なしに滞納している。

こういった状況のことです。

さすがにこういう状況だと、お世話になる医療機関にすべてをおまかせして、スムーズに不安なく支給にまでいたるという訳にはいきません(>_<)

でも、不安でしょうがそれでもまだ大丈夫です(*^^*)!

アオイちゃん
アオイちゃん
ほんとうに!?
フタバ虫
フタバ虫
時間はかかるけど、相談して手順を踏めば大丈夫だよ。

妊娠中ですので、まずはきちんとした医療機関で体調と、あと自分のそういった困難な状況も含めて相談しておきましょう。

そして市役所や区役所など、役所の『国保医療課』や『子育て支援課』(役所によって名前は多少違います)に状況を相談しにいきます。

少しでも話しやすいなら病院より役所へ先に相談してもぜんぜん大丈夫です。

むしろその方が解決手順を先に丁寧に説明してもらえて、余計な不安を少しでも早く小さく出来るかも知れません(*^^*)!

もちろん、まずは電話やメールで相談してもかまいません。特に役所では解決手順がまず用意されていますので、少しでも楽に話せる方法でとにかくまずは相談です(*^^*)

アオイちゃん
アオイちゃん
失業や転職、扶養家族でなくなった場合は大丈夫?
フタバ虫
フタバ虫
ごめん。その不安の解消がまだだったね。

失業しても転職しても、会社の健康保険→国民健康保険→会社の健康保険と、その都度切り替えておけば、子供が生まれたタイミングによっていずれかから支給してもらえます。

また扶養家族である場合も、扶養家族→国民健康保険→国民健康保険のまま、もしくは新しい会社で扶養家族と、失業や転職に合わせて切り替えておけば大丈夫です(*^^*)

子供が生まれてくる日はもちろん、自分の離職日もどうなるかわからない状況で、答えが見つかるまでは私も過度な不安に陥りました。

でも結果的にはスムーズに支給していただけましたよ(*^_^*)

アオイちゃん
アオイちゃん
42万円という大きさだもんね!
フタバ虫
フタバ虫
出産と失業が重なったらさすがに焦るよね!

ただし、万が一でももらえない状況にならないようにひとつだけ注意しておいてほしいことがあります。

退職する会社の保険を『任意継続』しようとしている、もしくはすでに『任意継続』している場合。

これにあたる場合は、もらえない状況というレアなケースにならないように、次の項目の『支給してもらえる条件』を念の為ご覧ください(*^^*)

それでは『出産一時金』これを知っておけば大丈夫!は以上です。

最後に、

・きちんとした医療機関にお世話になれば大丈夫。

・『何か受けられる手当ってありますか?』と話せればなおベスト。

・どんなに困っても不安なときも、役所に相談すれば大丈夫。

それでは。体調にはくれぐれも気をつけてくださいね(*^^*)



『出産一時金』(出産育児一時金)についての詳細

支給してもらえる条件

『出産一時金』は、正式には『出産育児一時金』と言います。

また専業主婦の方など、被扶養者である家族の方が出産する場合には、『出産育児一時金』と同じ金額が『家族出産育児一時金』として支給されます。

アオイちゃん
アオイちゃん
名前が変わるだけでいっしょだね!
フタバ虫
フタバ虫
そうだよ。何にも心配ないからね。

支給してもらう条件がこちらです(*^^*)

○ 妊娠85日以上で出産したひと。

○ 国民健康保険やその他の健康保険の加入者、または被扶養者。

○ 出産日から2年以上経過していないこと。

以上3点を満たしていれば大丈夫です。

さらに流産や死産、早産や帝王切開、人工妊娠中絶(経済的な理由も含む)になってしまっても支給対象です(*^^*)

日本は国民皆保険の(国民全員が何かしらの健康保険に加入している)国です。

つまり手続きを怠っていたり支払いをせず放っておかない限り、ほぼ全ての人が対象ですので何も不安になる必要はありません(*^_^*)

アオイちゃん
アオイちゃん
うれしい手当だね!
フタバ虫
フタバ虫
出産のときの出費は大きいからほんと助かるよね。

ただしレアなケースですが、『出産一時金』をもらえない可能性が出てくるので、以下の点だけはちょっと注意しておいてください。

退職した会社の健康保険を『任意継続』していて、妊婦さんがその被扶養者である場合。

例えば、妊婦さんが夫の被扶養者で、夫が退職する際にそのまま退職する会社の健康保険に入り続けることを選択した場合です。

退職した会社の健康保険を『任意継続』しているときに、その被扶養者が出産しても『出産一時金』は支給対象外です!(>_<)!

アオイちゃん
アオイちゃん
そうなんだ!?
フタバ虫
フタバ虫
少ないケースだけどね。

ですので、退職する会社の保険を任意継続することを考えたときは、『出産一時金』はもらえないというデメリットがあることを加味しておいてください(*^^*)

また、妊婦さんだけを被扶養者から外して、単独で国民健康保険に切り替えれば、『出産一時金』をもらえないという状況にはなりません。

(会社の健康保険組合へ扶養からの脱退を手続き後、お住いの役所で妊婦さんだけ国民健康保険の加入手続きをします。)

アオイちゃん
アオイちゃん
いろいろと比較するの大変だね。
フタバ虫
フタバ虫
こればっかりは人によってケースバイケースなので、頑張って比較してくださいね。




支給してもらえる金額

支給額はどんな健康保険に加入していようと一律で42万円です。

ただし例外が2つあり、この場合は40万4000円となります。

・妊娠22週未満での出産になった場合

・『産科医療補償制度』に加入していない分娩機関で出産した場合

『産科医療補償制度』とは分娩機関が利用する保険の1つで、出産時の事故で生まれた子供が重度の脳性麻痺になってしまったときに、補償金を支払う制度です。

在胎週数第22週以降の分娩が対象で、1胎児につき1万6000円の掛け金を分娩機関が支払います。

そしてその掛け金を分娩機関は妊婦さんに請求するので、結局は妊婦さん負担です。

アオイちゃん
アオイちゃん
ふんふん。
フタバ虫
フタバ虫
もう少し説明するよ。

『出産一時金』は、40万4000円の基本に、1万6000円の『産科医療補償制度』分の上乗せで構成されています。

ですので、もともと『産科医療補償制度』に加入していない分娩機関にお世話になる場合は、この掛け金分はもらえないということです。

アオイちゃん
アオイちゃん
だから例外が2つあるんだね!
フタバ虫
フタバ虫
余分にはもらえないということだね(笑)。

つまり支給される金額の大小ではなく、ごく稀に『産科医療補償制度』に加入していない分娩機関があるということがポイントです。

全国平均で分娩機関の99.9%以上が『産科医療補償制度』に加入しているようですが、気になる方は念のため、お世話になる医療機関に確認してください(*^^*)

参考資料:都道府県別、分娩機関別の加入状況等について、こちらのサイトで確認できます。



『出産手当金』という名前の似ている手当について

名前が『出産一時金』とあまりにも似ているので混同しないようにということと、

「もらえる or もらえない」

が誰でも気になるところですので、支給条件を中心に要点だけ簡単にここで取り上げておきます(*^^*)

アオイちゃん
アオイちゃん
こっちの手当は、もらえないことがよくあるの?
フタバ虫
フタバ虫
そう。ちょっとハードルが高いんだよね。

まず、『出産手当金』とは会社に勤めている本人が出産の為に会社を休み、給与の支払いを受けることが出来なかった場合に健康保険組合から支給される手当です。

要するに、働いている被保険者の産休期間を、健康保険でサポートするものですので、

○ 勤務先の健康保険に加入している。

○ 妊娠85日以上の出産であること。(流産や死産、早産や帝王切開、人工妊娠中絶なども含む)

○ 産休中に会社から給与は出ない、もしくは『出産手当金』より少ない。

この3点がまずポイントになります。

ですので、国民健康保険の加入者や、家族の扶養に入っている方は対象外となります(>_<)

アオイちゃん
アオイちゃん
これは厳しいね!
フタバ虫
フタバ虫
知っておいてほしい部分をもう少し説明するね。

勤務先の健康保険に加入さえしていれば正社員である必要はなく、パートやアルバイト、契約社員など雇用形態は何でもかまいません。

派遣社員でも、派遣元で健康保険に加入していれば大丈夫です。

また、出産を前に会社を退職する方も多くいると思いますが、一定の条件を満たしていれば支給の対象となります(*^_^*)

○ 退職日までで、勤務先の健康保険に加入している期間が1年以上あること。

○ 退職日から出産予定日までが42日以内、双子などの多胎児出産の場合は98日以内であること。

ここまでが支給条件の要点です。

アオイちゃん
アオイちゃん
いくらもらえるのかも気になる!
フタバ虫
フタバ虫
では少し説明するね。

支給額は、ひとりひとりの給与によってまず1日あたりの支給額が決まり、出産日や多胎児かによって支給期間が決まる仕組みです。

おおよそ給与の3分の2が支給額で、期間は予定日と実際の出産日が離れすぎていない限り、98日(多胎児なら154日)前後となります。

アオイちゃん
アオイちゃん
正直あんまりもらえないんだね。
フタバ虫
フタバ虫
まだまだ子供を産むには厳しい環境だよね。

『出産手当金』はよく『産休手当』と呼ばれますが、この産休手当の期間が終わってもらえなくと、次に『育休手当』を受けるというのが一般的な流れになります。

以上が『出産一時金』と似て非なる、『出産手当金』全体の概要でした(*^^*)

もっと詳細まで必要な方は、あとはこのような専門のページでご確認ください(*^_^*)




出産一時金の付加給付について

加入している健康保険組合によっては『付加給付』などの名称で、出産時に独自の補助をしてくれる場合があります。

どういうことかと言うと、『出産一時金』は通常42万円ですが、それにプラスαして支給してくれるということです(*^_^*)

もしくは『お祝い金』などの名称で別途いただけたり、その両方だったりと、独自ですのでパターンはさまざまです。

アオイちゃん
アオイちゃん
それはあったらうれしいね!
フタバ虫
フタバ虫
合わせて10万円近くになるところもあるから要チェックだね。

こんなすばらしい手当が用意されているところは、ほとんどが会社や健康保険組合などからアプローチしてきてくれるとは思います(*^_^*)

ご心配の場合は、こちらは加入している健康保険組合によって種類や金額も手続きも異なってきますので、会社や保険組合にぜひご確認ください(*^^*)

あと、人によって『出産一時金』の申請先を選択できる場合が稀にあるのですが、この付加給付が用意されていた時は、ぜひ次の項目もご覧ください!

『出産一時金』申請先の選択について

退職して6ヶ月以内の出産で、退職前に1年以上会社の健康保険に加入していた場合、脱退していてもその健康保険から『出産一時金』を支給してもらうことが出来ます。

退職後は国民健康保険や、家族の扶養に入っているケースが多いと思いますが、こういった場合はどこから『出産一時金』を支給してもらうか選択できることになります。

アオイちゃん
アオイちゃん
わかった!どこが付加給付してもらえるかチェックだね!
フタバ虫
フタバ虫
そう!せっかくなので、もらえるところに申請しましょう!

『付加給付』については、あくまで各健康保険が独自の支給条件を設けてますので、詳しくはご確認をお願いします(*^^*)

『出産一時金』の申請は、選択できても別々の健康保険から重複してもらうことは出来ません。



手続き・申請方法などについて

① 直接支払い制度

特別な理由がない限りは、この『直接支払い制度』を利用するのが圧倒的に便利です(*^^*)

医療機関によっては、この制度の利用を指定しています。

出産時にお世話になる医療機関へ、基本的に手続きを全ておまかせする方法で、健康保険から医療機関へ直接支払いが行われます。

アオイちゃん
アオイちゃん
手続きが楽でおすすめだね!
フタバ虫
フタバ虫
事前に多額の出産費用を準備する必要もなくなるよ。

支払額が足りなかった場合は、その差額分のみ医療機関から出産後に請求されます。

反対に余った場合は、健康保険に申請する必要があるケースが多いです。

多くは健康保険の方から連絡してくれますが、精算時に医療機関にきいておくと少しでも安心です(*^^*)

アオイちゃん
アオイちゃん
余ったらうれしいね!
フタバ虫
フタバ虫
保険組合への申請は忘れないでね。

② 受取代理制度

お世話になる医療機関が『直接支払い制度』を導入していない場合は、この『受取代理制度』を利用します。

こちらはまず健康保険組合に申請書を用意してもらい、医療機関に必要事項を記入してもらっておき、出産予定日の2ヶ月前以降に健康保険組合に提出します。

健康保険によっては手続き方法が多少違いますので、事前に確認しておくと安心です(*^^*)

自分でやらなければならない手続きが増えること以外は、基本的に『直接支払い制度』と変わりません。

アオイちゃん
アオイちゃん
出産費用を用意しておく必要はあるの?
フタバ虫
フタバ虫
それも『直接支払い制度』と変わらないから大丈夫だよ。

差額が発生した場合も『直接支払い制度』と同じで、精算時に支払うか、健康保険からいただくかのどちらかになります(*^_^*)

③ 産後申請方式

出産費用を自分で負担した方の為の申請方法です。

手続きはもちろん自分でおこない、健康保険組合から自分が指定した口座へ支給額を振り込んでもらいます。

アオイちゃん
アオイちゃん
ん?何かメリットはあるの?
フタバ虫
フタバ虫
んー?考えられることと言えば・・・

・医療機関から手数料的なものを請求されにくい。

・出産費用をクレジットカードなどで支払ってポイントをもらう。

以上のようなところでしょうか?

でも何らかの事情で『出産一時金』を出産時にもらえなかった方は、ぜひ2年以内にこちらの申請をしましょう!(*^^*)!




『出産一時金』もらえない!と思いがちなケース

外国国籍の方の場合

勤めている会社員の方は、国籍問わず会社の健康保険に加入しているはずですので大丈夫です。

家族の扶養に入っている方も国籍問わず、その会社の健康保険に申請しましょう(*^_^*)

アオイちゃん
アオイちゃん
なんにも変わらないね!
フタバ虫
フタバ虫
そうだよ。安心してね。

国民健康保険に加入の場合は、在留期間が1年以上あれば大丈夫です。

また1年未満であっても、1年以上滞在する許可をすでに得ている場合は大丈夫ですが、詳しくは各自治体で最終確認をお願いします(*^^*)

出産が海外になってしまった場合

仕事上の出向などで、致しかたなくそうなってしまった場合は大丈夫です(*^^*)

ただし、『海外で出産したい』という理由でわざわざ出国する場合や、その他出国の目的によってもらえないケースもあります。

最近では多数の海外出産からの不正受給の疑いがあり、2018年6月には厚生労働省が調査を開始していたりと、少し騒々しくなっています(>_<)

アオイちゃん
アオイちゃん
ニュースにもなってたね。
フタバ虫
フタバ虫
もし不正受給だったらほんとうに迷惑な話だよね。

ですので、こちらも必ず出国までには各自治体での確認をお願いします(*^^*)



生活保護を受けている方の場合

生活保護の認定を受けると、国民健康保険からは離脱した状態になり、『出産一時金』の支払い元が無くなる為もらえなくなります(>_<)

ただし生活保護を受けていても勤めていて、会社の健康保険に加入していれば大丈夫です(*^_^*)

生活保護を受けていたり低所得で困っている場合は、『入院助産制度』や『出産扶助制度』といった、『出産一時金』とは別の制度があります。

アオイちゃん
アオイちゃん
何かしら援助してくれるものがあるんだね!
フタバ虫
フタバ虫
そうだよ。簡単にあきらめたらダメだよ。

ここまでくると『出産』に関わらずの話になりますが、『医療扶助』や『生活扶助』といった様々な援助制度がありますので、各自治体に必ず相談しましょう(*^^*)

この厚生労働省のページをまずはひと通り見ておくと、援助の種類や内容がイメージしやすいので、ぜひ参考にご覧ください(*^_^*)

以上、『出産一時金(出産育児一時金)とは?もしかしてもらえない?これだけ知っていれば大丈夫!』でした。